平尾台茶ヶ床園地駐車場

感じる、地球

​3億4000万年の歴史感じる体験を

平尾台ってどんなところ?

国定公園「平尾台」

福岡県北九州市小倉南区にあり、行橋市、苅田町に隣接しており、山口県の秋吉台、四国のカルスト台地と並ぶ日本有数の自然豊かなカルスト台地​です。その一部は国定公園、天然記念物に指定されており、ドリーネというすり鉢状の窪地が独特の風景を魅せてくれます。カルスト台地特有の鍾乳洞が特徴で千仏鍾乳洞、目白鍾乳洞、牡鹿鍾乳洞の3か所が観光化されている洞窟の他、未観光の洞窟を探検する本格的なケイビング(洞窟探検)というアウトドアアクティビティが九州で唯一体験できる場所でもあります。また、初心者でも安心して楽しめるトレッキングルートもある他、石川弘樹氏がプロデュースしたトレイルランニングレースも開催されています。登山、野草観察、野鳥観察、沢登り、キャンプ、パラグライダーができ、地上、地下、空とありとあらゆるアウトドアスポーツを楽しむ方で賑わっています。

平尾台結晶質石灰岩大理石1.jpg
平尾台結晶質石灰岩大理石2.jpg
地球のかけら平尾台(HIRAODAI)公式キャラクター.png

​地球のかけら平尾台マスコットキャラ ちきゅうちゃん

​一つ一つが結晶になっていて、足元にある石灰岩は全て真っ白な大理石だよ♪

漫画キャンプ

​地球のかけらHIRAODAIのご紹介

私たちは平尾台に住んでいる住民です。住民だからこそできるガイドツアーやアウトドアの要素を取り入れたマルシェなどのイベントや平尾台で活動する方々のサポートを行っています。

地球のかけら平尾台メンバー

写真右

西中 甲児(Kouji  Nishinaka)

平尾台生まれ、平尾台育ち

幼少期より、平尾台の自然の中で育つ。趣味は、アウトドア全般(トレッキング、トレイルランニング

キャンプ、シャワークライミング等)、最近は、山の歴史や山岳信仰に関する内容に関心を持つ。

ガイド歴:10年(得意分野:登山ガイド、歴史)

写真右

西中 あかね(Akane  Nishinaka)

北九州市八幡東区出身

高校生の時に、平尾台と出会い通うようになる。卒業後は、動物看護士として働く傍ら九州各地の山へ登りだす。その後、奥穂高山荘にて働き、ワーキングホリデーを利用し1年間フランスシャモニーへ滞在。シャモニー周辺の山々を歩く。

趣味は、夫と同じくアウトドア全般、特に地質や岩石に興味を持つ。

ガイド歴:1年(得意分野:岩石、地質等)

​地球のかけらHIRAODAIおススメツアー

平尾台ガイドツアーお散歩.jpg

おためしお散歩ガイドツアー

登山初心者や、お子様をお持ちのご家族もお気軽に参加でき、平尾台の魅力をお手軽に知る事ができるお散歩ガイドツアーです。

※1時間単位でご案内致します。

平尾台~等覚寺山伏古道ツアー.jpg

1000年の歴史を感じる山伏古道ツアー

その昔、平尾台と等覚寺は山伏の修行の場でした。1000年の歴史を感じながら、古の山伏の足跡を辿ります。

Coming Soon!

九重中岳ガイドツアー.jpg

九州本土最高峰 「久住中岳」を目指す!

九州本土最高峰「久住中岳」を目指し、複数回に分けて少しづつステップアップしていく地球のかけら平尾台登山クラブです。初めての方から、一人で登るのは不安な方にもガイドが歩き方や、道具の選び方などをアドバイスしながら中岳を目指します!

新着情報など

取材・掲載情報など

※平尾台に関しての取材依頼、撮影スポットのアテンドを住民ならではの視点で承ります。

平尾台カルスト台地風神山.jpg

​お客様の声(準備中)

よろしければこちら(Googleページ)より、口コミが投稿できますのでご協力ただけますと幸いです。

平尾台へのアクセス/駐車場情報

​お車の場合

〇福岡方面から

福岡IC~小倉南ICで降りた後、国道322号線を田川方面へ約5分。平尾台交差点を左折し、12分程。

○北九州市街地から 約45分

○下関・山口方面から

小倉南ICで降りた後、国道322号線を田川方面へ約5分。平尾台交差点を左折し、12分程。

○大分方面から

東九州自動車道行橋ICより県道28号線を利用し、

約20分

公共交通機関の場合

平尾台への直通のバスは出ておりませんので、最寄駅よりタクシー、または、レンタカーが必要になります。

〇JR

・日田彦山線 石原町駅より約15分(6.7キロ)

・日豊本線  行橋駅より約25分(約13キロ)

○西鉄バス

中谷営業所より約20分(約10キロ)

​※西鉄バス中谷営業所より乗合タクシー「お出かけ交通」が出ております。詳しくはこちらをご覧ください。

ハイキングで休む子供たち

~してはいけないではなく、みんなで考える
次の世代が同じようにアウトドアを楽しむ為に今、私たちができる事は?

Leave-No-Trace_Japan.png

Leave No Trace×エコツーリズム(環境保全・地域振興・観光振興)

​みんなで考えよう!未来へつなげる為のアウトドアの形

「地球のかけらHIRAODAI」はコロナ時代のアウトドアにおいて自然環境を消費するだけの野外活動を見直すため、Leave No Traceの原則に則り、自然環境と寄添いながら楽しむアウトドア活動を提供します!

各種SNS情報

​HP以外でも、情報発信しておりますのでよろしければフォロー、登録お願いします!

地球のかけら平尾台Line.png

​2022年地球のかけらHIRAODAI主催初日の出会

平尾台目白鍾乳洞最奥 目白の滝 洞窟探検